皆さんこんにちは! MTB音楽教室、ギター講師の礒玲仁です。
今日はちょっとストイックな方向けの練習方法について書いてみようと思います。
ある程度上達してきて

頭打ち感がある方は是非試してみてください。

皆さん練習する時にどんな風に練習してるでしょうか?
ついつい出来る事を繰り返してしまったりしてないでしょうか?
上手く演奏出来る事を繰り返すのは気持ちが良いし楽しいですよね。
でも上手くなろうとしたらそれだけではダメです。
積極的に出来ないことにチャレンジしなければいけません。
ただ、出来ない事をやり続けるにはとてつもない気力が必要になります。
そこで、自分の中で練習する項目に強度レベルをつけてみましょう!
5段階くらいにわけると自分の中での練習メニューが明確になります。

僕の場合は

強度5
好きな演奏を耳コピして譜面に起こす。

強度4
激ムズの教本(ジェリーバーガンジーの教本など)の理解を深める。

強度3
起こした譜面などを原曲ピッタリに弾けるように練習する。
その後自分なりのアドリブを練習する。

強度2
イヤートレーニング、リズムトレーニングなど。

強度1
運指練習など。

こんな感じでわけて考えます。
自分にとっての練習強度なのでご自分の中で感じる練習強度を5段階にわけてみてください。
もし、5段階にわけられないとしたらまず練習メニュー自体が明確になってないので目的意識をハッキリさせて練習メニューを考えてみましょう。

当然ですが強度5の練習を丸一日やろうとするとかなり疲れます。
そして毎日体調や気力も変化します。
なので今日は元気だから強度5の練習でガンガンやろう!
とか、今日は少し疲れてるから先日譜面に起こしたフレーズを弾けるように練習しよう、
強度5の練習で疲れたので強度の低いこっちの練習に切り替えよう、などなど。
このように考えて練習をすると上達が早くなります。
但し、練習メニューは1日の中で2つ以上には増やさない方が良いです。
あまり沢山の事をいっぺんにやろうとして上手く行く人を見た事がありません。
何かその日に決めたテーマに集中して練習をした方が圧倒的に伸びます。
超ストイックな方は休憩を強度低いメニュー、練習を強度高いメニューにしてみてください。
休憩も練習してる事になるのでガンガン伸びます。
目指せ!音楽漬け(笑)

是非、トライしてみてくださいね!

楽しい音楽ライフを♪

MTB音楽教室
ギター講師
礒玲仁